ご近所ダイニング・バルバルのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

no title


料理人として、ほとんど料理を人に習ったことがないというのを開き直って半ば自慢にしていた私ですが、こちらに来て思うところあってマクロビの料理教室にいってみました。

ティチャーは食養生の世界では有名なオオモリカズエさんという方に師事していたという吾妻さんです。

奈良の報恩寺というお寺さまでのお教室です。

こちらに来てから移住者仲間はやたらとベジタリアンが多いので、その影響を受けたとも言えるのですが、山岳部?に住んでいると何となく野菜、お豆、みたいな食生活に段々と片寄って来ております。
働いてない私に魚は高いしね。


食養生のことを考えていくと動物性タンパク質の過剰摂取を避けるというのは一つの大きな課題となってきます。

世界の肉食人口を支えるために不自然な方法で安い家畜を育てなければならず、ほとんどの人がそれを食べて生きています。

山に生息する鹿や猪は天然のタンパク質なのに一般人にはグレード低い扱いで、獣肉を否定してスーパーで特売の肉を買うという行為がだんだん嫌になってしまい、、、、

だったらもう、ご縁のある獣肉があればそれを冷凍して使い、あとは豆や野菜でいいやというのが最近の私です。

昔から冷え症で苦労して来たので食物の陰陽を学びたい、そんなわけでマクロビというものを習わん!
と出掛けていったわけです。

ここで誤解のないように補足ですが、マクロビでは獣肉は食べませんよ(笑)獣肉に執念を持っている私はこっちでも珍しいほうです。

食べ物には身体を温めるものと冷やすものがあります。
私はせっせと温めるものばかり食べていたのですか、それで身体が温まるかというとそうではないようです。

この辺の知識がまだぜんぜん足りないので、今は何も書けません。

ひとつだけ簡単にできて眼から鱗のだし!を知ったので次回書きますね。



スポンサーサイト
  1. 2014/09/13(土) 23:49:38|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。